意外と知らないコスメ成分:エステル類

保湿効果を高める化粧品

肌にやわらかみをもたらし、保湿効果を高める化粧品の成分のひとつとしてエステル類があります。
酸とアルコールが結合して様々なエステル類を生み出しますが、コスメに利用されるものは、カルボン酸と高級アルコールの組み合わせなど一部のものに限定されます。

製品の油っぽさを減らすことで使い心地を良くします。
また、植物油と鉱物油のように油同士でも混ざりにくいものに対してもそれを緩和させることができます。

すなわちオイリーな肌質に対してもうまく化粧のりができる作用を作り上げている成分ですので、見た目の仕上がりもさっぱり感を漂わせることになります。
エステル類は、染料や香料をはじめ各種化粧品用添加剤の溶剤として用いられています。
その他に、増粘剤、可塑剤、不透明化剤などにも利用されています。

このようにアルコールやオイルをうまく馴染ませて、更に肌にやさしい感触をもたらす橋渡しを行なっている成分ですので、これが存在しないことには化粧品の形そのものが成り立たないことになります。
人によって肌の質や強さは異なりますので、エステル類を成分として配合している化粧品を使ってみて、肌に馴染みにくさや違和感を覚えるようでしたら、一旦使用は見合わせることも必要です。

油っぽさが少なくなっていると思って使ってみると、それほどさっぱりとしていないように感じることもあります。
他の化粧品と併用することで違和感が緩和されることもありますので、工夫してみることが大切です。
気になる毛穴ケアについてはここのサイトが秀逸!ぜひ参考にしてください!