ウワウルシエキス

天然由来成分

ウワウルシエキスはウワウルシという植物から抽出される天然由来成分です。
自然由来成分であるために古くから活用されており、副作用もほぼありません。
現在は化粧水や乳液、美容液に特によく使用されています。

ウワウルシエキスにはエラグ酸やタンニン、メチルアルブチンといった成分が豊富に含まれており、抗炎症作用や収斂作用、保湿作用や殺菌作用に優れています。
ですが最も特筆するべきは、含まれているアルブチンという成分です。
アルブチンとは、人体で生成される酵素の一種であるチロシナーゼに対して非常に有効に作用する成分です。

人体は様々な保護機能を持っていますが、その中の一つに「メラニン」と呼ばれる色素の生成機能があります。
メラニンは紫外線をはじめとする皮膚へのダメージを原因として生成され、皮膚を保護するうえで必要不可欠なものです。
夏の日焼けで皮膚が黒く変色するというのは、このメラニン色素が原因です。

ですがこの色素は過剰に生成されてしまうと、シミやソバカスといった皮膚トラブルを引き起こしてしまうこととなるのです。
そしてこのメラニン色素を生成しているのがメラノサイトという色素細胞であり、チロシナーゼはメラノサイトを活性化させてメラニンの生成をより活発化にしてしまいます。
ですがウワウルシエキスに含まれるアルブチンは、このチロシナーゼの活動を阻害し、メラニン色素が生成される速度を大きく落としてくれます。

メラニン色素の生成ペースを落としてやることで、他の成分と比較しても強力な美白作用を発揮してくれることとなるのです。
つまりウワウルシエキスはアルブチンで肌を白くし、先に挙げた抗炎症作用や収斂作用などによって肌を良い状態にキープしてくれる、非常に貴重な化粧品成分だということができるでしょう。